お金借りるラボなら安心!

お金借りるラボ|今すぐお金を借りる為に必要な3カ条!

初めての人へ~カードローンで「お金を借りる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


さて、皆さんは「お金を借りる」ということにどういったイメージを持たれているでしょうか?少なからぬ人は「借金」という位置づけであまりいい印象をもっていないかもしれません。

 

しかし、カードローンなどで「お金を借りる」ということは決して珍しいことではありませんし、本当に必要な時もあります。成人人口でこうしたローンを利用している人は「10人に1人」という統計もあれば、「4人に1人」という調査もあるようです。

 

それだけ、珍しいことではありません。実際には、カードローンでお金を借りることで「ようやく息子の塾代を出してあげられる」といった事例がありました。

 

いつどこでお金がいるようになるかはわかりません。そうした際に、カードローンを単に印象論として「怖い」ということで片付けるのではなく、便利な点と抑えるべき点を理解して「使用する術」を身につけることの方が肝要かと思います。

 

今回は、そういった「怖さ」の解消と利用法をご紹介しますよ!どの人も必見!

 

 

1.カードローンといってもいろいろ!

カードローンというと、ともかく「ローン」なんて言い出すと「ヤミ金」とか「消費者金融」とかいった言葉が飛び出しそうです。確かに、「ヤミ金」といった危ない金融機関と呼べないような代物が存在します。しかし、大手消費者金融(プロミス・アコムなど数社)は実績がありますから信用度もそれなりにあります。

 

また、カードローンは、UFJなど銀行も発行しています。銀行といえば、普段口座を作って預金するところですが、そうしたサービスもやっており、広い意味では「カードローン」の一種です。ですから、カードローンが直ちに恐怖の産物というわけではありません。

 

さらに、そうした恐怖のケースを防ぐためのポイントもあります。以下の条件の中1つでも該当すれば、もはやあなたはその会社からの借金を返済する必要がありません。すぐに、弁護士と警察に相談です!

 

・夜(日没後)に取立ての電話や訪問がある

・昼でも取立ての電話や訪問で威圧的な発言がある。

・利子が20%以上(18%以上でも怪しいです)

・普通は大手消費者金融や銀行カードローンは返済などでATM利用手数料以外は手数料が発生しません。

 

しかし、なんだかんだいって複数の種類の手数料を請求してくる場合。

 

以上に差し当たり注意しておけば大丈夫です。後は、収入に見合った借り入れおよび返済計画を立てることですが、この点は次に紹介します。

 

 

2.お金を借りる前にやっておきたいこと

まずは、本人確認書類や給与明細表を確保しておくことです。これらを何らかの形で提出しないと、お金を借りることが出来ませんので注意が必要です。

 

次に、計画的な借り入れと返済の問題ですが、まず震災に通過するかどうかの見通しについてはそれぞれの金融機関がだいたいWEBで載せている「シミュレーション」をやってみましょう。書類や個人情報を入力する必要は一切ありません。便利ですね。

 

さらに、返済についても「返済シミュレーション」というものが存在します。これを使えば、どのくらいかけて毎月いくら返すのか計算することが出来るそうです。自分で「無理のない」計画を立てることが可能です。

 

後は、実際に融資を申し込みます!

 

 

3.最近はWEB完結や即日融資も!

実は、このところ金融機関では、WEBで全ての手続が完了し、すぐに融資を受けることも出来るようになりました。中には「即日融資」をうたい、WEBでの申込フォームの記入から、審査そして審査結果の通知と実際の契約までを1日で終わらせてしまうサービスもあります。

 

そして、そのままお金が振り込まれて「即日融資」完了というわけです。これは早いですし便利ですね。また、WEBですぐにできるので、知人に発覚する心配もないですね。家族にこっそり隠れて借りるということも実はできるそうです。

 

また、銀行のテレビ窓口でプライバシーが保たれた状況(他人は入れません)でやり取りをして即日融資をやるカードローンもあります。それは、UFJ系の「バンクイック」です。クイックというある種「文字通り」なのですが、テレビ窓口での所要時間は最短で約40分だそうで、その場でお金を振り込んでもらえるそうです。

 

実は、これなら昼から一念発起しても間に合ってしまう計算になるわけで、銀行にもかかわらずものすごくフットワークが軽くなっています。そして「ちょっとした物入りからまとまったお金」までとうたっています。

 

 

4.カードローンどれがいいんだろう?

でも、カードローンはいっぱいあります。消費者金融系と銀行系に大きく分かれますが、その内容は様々です。

 

ただし、大きく消費者金融系と銀行系を分ける特徴があります。それを紹介します。

 

まずは、利子率です。一般的に最高利率が消費者金融で18%ですが、銀行系は15%ほどで休めに設定されています。バンクイックなどでは「銀行ならではの利率」などとうたっていて、利率は一般的に銀行系に軍配が上がります。

 

さらに、貸出金額の規制です。近頃「総量規制」というルールが出来ました。融資を受ける人は複数社合計で年収の3分の1以上の借り入れができないというルールです。ただ、借金の全部ではなく、基本的には消費者金融がこれに該当します。他方、住宅ローンや自動車ローンと同様、銀行系のカードローンも総量規制の対象外です。

 

万が一の時でも、銀行系のカードローンに軍配が上がるのではないでしょうか。銀行といえば、フットワークが重いというイメージがあるかもしれませんが、実際は既に述べたようにそんなことはありません。

 

以上の条件からすれば、持っておくのは銀行のカードローンの方がいいように思われます。

 

 

まとめ…やっぱりバンクイックが一番いいのでは!

ここまで、そもそもお金を借りる時の注意点やカードローン選びについていろいろと照会してきましたが、銀行系のカードローンでも、やはり大手で実績のある方が安心できると思います。ひとまずは、大手系の「バンクイック」はお薦めできると思います。

 

皆さんのうちの誰かは確実に口座持っているでしょうし、支店数や窓口も多いとみられるからです。必要な時には、便利な点があるという知識も入れつつ、注意点も意識しながら、お金を借りることも考えてみてください。

 

以上で述べたことさえ、押さえておけば心配は要りませんよ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ